ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

桐朋大学音楽学部付属 子供のための音楽教室

ここから本文です。

仙川教室

教室トップ画面 この教室をブックマークする

コース紹介

本科   ソルフェージュ・実技・アンサンブル(小3以上)を学ぶコース

実技はピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルートやクラリネットなどの管楽器、ハープ、マリンバ、打楽器、声楽、作曲から選択して学ぶことができます。
仙川教室では年長以上の生徒さんは、全員何かの実技を勉強することになっています。
実技のレッスンは先生と生徒1対1で行われます。 できるだけご自宅に近い先生をご紹介しており、原則として先生のお宅でレッスンを受けます。 年少、年中の生徒さんも、希望すればこの実技のレッスンを始めることができます。

ソルフェージュ科   ソルフェージュ・アンサンブルを学ぶコース

小学3年生~高校生
実技のプライベートレッスンを続けながら、ソルフェージュとアンサンブルだけを教室で学ぶことができます。

授業内容の補足

豊かな音楽表現や感性を身につけ、伸ばしてゆくには、子供たちの発達のそれぞれの時期に応じた適切な指導が必要です。 音楽教室は高校・大学と連係をとり、永年培ったノウハウを活かしながら、それぞれの個性や段階に応じたきめ細かな指導を行います。

■クラス(ソルフェージュ)授業
音楽を理解し、より深く楽しむためには、楽譜を読む力を養う必要があります。
そのための基礎的な勉強、それがソルフェージュです。 音楽教室では丁寧な指導ができるように、少人数のクラスで行い、学年によってはグレード別のクラスを編成しています。

■専攻実技・副科実技
実技はピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルートやクラリネットなどの管楽器、ハープ、マリンバ、打楽器、声楽、作曲等から選択して学ぶことができます。
仙川教室では年長以上の生徒さんは、全員何かの実技を勉強することになっています。
実技は先生と生徒1対1で行われます。年少、年中の生徒さんも、希望すればこの実技の勉強を始めることができます。
ピアノ以外を専攻している生徒さんは、希望によりピアノの勉強(KBS)も同時に進めることができます。 また、小5以上のどの専攻の生徒さんも、作曲(副科)のレッスンも別に希望できます。

■弦楽合奏

弦楽アンサンブルは、伝統が生きています。

「音楽教室オーケストラ」は、故斎藤秀雄氏により昭和25年につくられました。
斎藤氏は、アンサンブル練習に必要な基礎と規律を1人1人に時間をかけて指導されました。
現在、第1線で活躍されている演奏家、指導者の多くが「音楽教室オーケストラ」をスタートラインとしています。
「弦楽アンサンブル」は斎藤氏の理念を引き継ぎ、当時と変わらぬ指導で進めています。
そこでは、生徒達の真剣な目差しと音楽を一緒に作っていく喜びの顔が見られます。

■合唱

全ての音楽に共通すること、それは「歌う」ことです。

コーラスの授業ではフレーズの作り方やバランスの良いハーモニーの作り方、また、音楽的なブレスやダイナミクスなどを学びます。
大きな声は腹筋、胸筋、手足等、身体全体を使ってだします。小さな声も身体の支えが必要です。
発声や歌唱を通して、音楽を身体全体で表現することを学びます。
他の人の声を聴き、それに自分の声を重ねて音楽を作ることはアンサンブルの基礎となります。
この授業は、学年や専門楽器を越え、ともに音楽を作る大切な時間となるでしょう。

■管楽器グループレッスン

息を使ってアンサンブル、体を全て使って一緒に演奏しよう!

管楽器グループレッスンでは、小学5年生より希望者がフルート、クラリネット、コルネットの三つの楽器から一つを選んで初歩から勉強していきます。始めの一年は学校の楽器を貸し出すこともできます。
発表会ではアンサンブルを組んだり、ピアノ伴奏でソロ曲を演奏します。専門の先生と練習する事は新しい発見があり、又、お子様の音楽の幅を広げる貴重な体験になるでしょう。
専門外の楽器に触れ、息を入れ音を創り出すことは、音色やハーモニーなど優れた感覚を養い広い音楽性を身につけるとても良い機会となります。みんなで学ぶ楽しいグループレッスンから、管楽器に触れてみてください!

ここで本文終了です。

ここでサブナビゲーション終了です。

ページトップへ戻る

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。