ページの開始です。

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

桐朋大学音楽学部付属 子供のための音楽教室

ここから本文です。

生徒インタビュー[出身者の声]自分らしく音楽を楽しむ。そんな桐朋の校風が大好きです。

  • 小林 愛実 出身教室:仙川教室
  • 上野 通明 出身教室:仙川別科教室
  • 山根 一仁 出身教室:鎌倉・横浜教室

小林 愛実 出身教室:仙川教室

1995年生まれの16歳。3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2004年ピティナJr.G級(16歳以下)出場最年少の8歳で金賞。2005年全日本学生音楽コンクール史上最年少優勝。2009年アジア太平洋国際ショパンピアノコンクール(韓国)Jr部門優勝。2011年ショパン国際コンクールin Asia、コンチェルトの最高部門で金賞。第5回福田靖子賞。

これまでに、N.Y.カーネギーホールへ4度出演他、パリ、モスクワ(V.スピヴァコフ指揮モスクワヴィルトゥオージ)、ポーランド(F.ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ)、ブラジル等で演奏。国内では、九響、読売日響、東京フィル、兵庫芸術文化センター管、日本フィルと共演。フランスのLCIテレビのドキュメンタリー、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK BShi「みんなのショパン」、日本テレビ「深夜の音楽会」、山口放送のテレビ・ラジオ等に登場した。

2010年EMI ClassicsよりCDメジャーデビュー、発売記念のリサイタル(浜離宮朝日ホール)は完売、追加公演として、サントリーホール大ホールで日本人最年少となるリサイタルを開催した。ショパン生誕200年記念グランドレセプション(ポーランド大使館主催)にて、『ショパン・パスポート』を授与された。

2011年3月EMI Classicsよりセカンドアルバム「熱情」をリリース(ポポロホールで録音)。4月カーネギーホールワイルリサイタルホールで、N.Y.リサイタルデビュー(Japan NYC Festival 音楽監督:小澤征爾)を果たし、5月には同プログラムで東京オペラシティコンサートホールに出演。10月には、日本フィルハーモニー交響楽団(H.シェレンベルガー指揮)と共演、今後は、広島交響楽団(秋山和慶指揮)との共演ほか、横浜フィリアホール《女神との出会い》シリーズなど各地で出演予定。12月にはモスクワにて、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオージと共演ほか、サンクトペテルブルクにて「芸術広場」冬の音楽祭(芸術監督:ユーリ・テミルカーノフ)において、ソロリサイタルデビューが決定した。

山口県宇部市出身。山口県の栄光文化賞を3度受賞。
2007年桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「仙川教室」に特待生として入室。
2008年~2009年、東京倶楽部特別助成金を受ける。
2011年4月より、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に全額奨学金特待生として入学。
8歳より、二宮裕子氏に師事し現在に至る。

コメント

技術だけではなく、表現力も育ててくれるのが、桐朋学園の良いところ。仙川教室はいつも賑やかで楽しかったです!卒業前の授業では、皆で先生に演奏をプレゼントしました。その頃の友達とは高校でもクラスが一緒なので、今でも皆仲良しです。これからは、いろんな音楽を積極的に知りたいと思っています。
ピアノだけではなく、オーケストラをはじめ様々な演奏を聴くことで、自分の音楽が深まると思う。そうやって、音楽とずっと見つめ合っていきたいと思っています。

ページトップへ戻る

上野 通明 出身教室:仙川別科教室

パラグアイで生まれ、5歳でチェロを始める。
幼少期をバルセロナで過ごし、第4回サン・アナスタシ室内楽コンクール第1位、カタロニア若い演奏家の為の音楽コンクールソロ部門、同室内楽部門共に第1位。帰国後第5回泉の森ジュニア・チェロコンクール最高位、第8回日本演奏家コンクール第1位、第18回日本クラシック音楽コンクール最高位。

2009年第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールチェロ部門第1位。韓国KBSTVクラシックオデッセイ、テレビ朝日「題名のない音楽会・未来の大器」に出演。第6回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位、併せてルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ文化局賞を受賞。第65回全日本学生音楽コンクールチェロ部門第2位。

2011年いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。第1回岩谷時子 Foundation of youth対象者。 これまでに、サントリーホール、熊谷会館等で大友直人氏、飯森範親氏指揮東京交響楽団、沼尻竜典氏指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演。桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「仙川別科教室」にて特別奨学生として学び、現在桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)特待生として在学中。馬場省一、イニアキ=エチェパレ、現在毛利伯郎氏に師事。

コメント

実は桐朋の音楽科への進学を決めたのが中学3年生の秋で、このままではヤバイという焦りから仙川別科教室に通い始めました。ソルフェージュを学んだ事で、初見力がアップしたと感じています。なによりも、受験まで半年の期間で無事高校に合格できました(笑)印象に残っているのはホールで行った校外演奏会です。 人前で演奏するチャンスをもらえたことが嬉しかったです。将来演奏家になるために、今からどんどんレパートリーを増やして、もっと勉強したいです。

ページトップへ戻る

山根 一仁 出身教室:鎌倉・横浜教室

1995年札幌市生まれ。横浜在住。
5歳より指揮者故富岡萬氏にヴァイオリンの手ほどきを受け、横浜に転居後、6歳より水野佐知香氏に師事、2005年桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「鎌倉・横浜教室」に入室、2011年4月桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学と同時に原田幸一郎氏に師事、現在は両氏に師事をしている。

2009年第63回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会1位、横浜市民賞(聴衆賞)。
2010年度よりヤマハ音楽支援制度音楽奨学支援奨学生となる。
2010年横浜市立豊田中学校3年在学中に第79回日本音楽コンクールバイオリン部門第1位。同コンクールで中学生の第1位は26年ぶり。岩谷賞(聴衆賞)、増沢賞も併せて受賞。
2011年3月横浜市教育委員会より文化芸術部門表彰。

いしかわミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、プロジェクトQをはじめ国内外の音楽祭、セミナー等で研鑽を積みIMA音楽賞、優秀賞等を受賞。
これまでに飯森範親氏、金聖響氏、高関健氏、広上淳一氏、松尾葉子氏、井上道義氏の指揮で東京シティフィル、神奈川フィル、東京交響楽団、Gyeonggiフィル、東京フィル、東京シティフィル、日本フィル、アンサンブル金沢等、国内外のオーケストラと共演。

2011年2月NHK交響楽団堀正文氏、店村眞積氏、木越洋氏と弦楽四重奏を共演。
2011年10月ベルリンフィル五重奏団と室内楽を共演。
2011年11月NHKFM『名曲リサイタル』に出演。
2011年11月第60回横浜市文化賞文化・芸術奨励賞受賞。

コメント

音楽教室は将来の基盤をつくってくれる素晴らしい場所です。僕はオーケストラが好きなのですが、コンチェルトを演奏する時に、和音がよく聞こえるようになりました。自分以外の音を聞けるようになったのはソルフェージュのおかげだと思います。それから…自由な校風が大好きです!この学校は一人ひとりの個性をすごく大切にしてくれると思います。 教室には、楽しみながら通って欲しい。絶対に、音楽を辛いと思わないでください。そのうえで、素晴らしい先生たちのもとで学んでいただければと思います。

ここで本文終了です。

ここでサブナビゲーション終了です。

ページトップへ戻る

ここから音声ブラウザ用リンクです。

ここで音声ブラウザ用リンク終了です。

ページの終了です。